シール印刷のホクトエスピーブログ
受付時間:9:00~18:00(土日祝日を除く)
03-5624-5851

「白押さえ」をしていない透明シールの見え方

カテゴリー : 瀧 シールのこと2018年11月29日

<瀧です。

本日は、「白押さえをしていない」透明素材のシールはどれくらい透けてしまうのかを検証してみました。

まず白押さえとは、透明素材のシールに一度白いインクを塗ってから再度その上から印刷することで、貼った被着体の色や絵柄を透けないようにする方法です。詳しくは下記の「ホクトエスピーの透明シール」を御覧ください。

https://www.hokutosp.com/seal/toumei.html

まず用意したのは、透明素材に白押さえしたシール(写真のAのシール)と白押さえしていないシール(写真のBのシール)です。

そして、クリアファイルに貼って透かしてみると、

(表から)

(裏から)

さらに、半分黒色に塗った紙に貼ってみると、

ご覧のように、白押さえしているAのシールに比べて、白押さえしていないBのシールは見えにくくなっています。

ですが、逆に透過性があることを利用して、透明なもの(窓ガラス等)に貼れば、透明感のある透けた色を表現をすることも可能です。

 

 

<<前の記事